中学受験のための塾はいつ始めるのがいい?始める時期で費用が変わるって本当?


始めるタイミングで費用が変わる可能性

公立の中学校に通う生徒はほとんどが高校受験をします。塾に行かずに自力に受験をする生徒もいるでしょうが、生徒以上に親が心配するケースもあり子供に合った塾を探そうとするようです。塾に行かせるためには授業料が必要になりますが、始めるタイミングによって変わるときもあるので事情を知っておくと良いかも知れません。

春先は新学期から通う生徒を集めるため多くの塾でキャンペーンを行います。入塾料や最初の1か月の授業料を無料にしてくれるところなどがあるようです。新学期が始まるとキャンペーンは終了しますが、塾生があまり集まっていないところだと引き続き値引きを行ってくれます。その他夏期講習や冬期講習に参加してから本コースに入ると割引されるときもあるので、それを見越して事前に利用しておくのも良いでしょう。

行かせたい高校のレベルで時期を決定

義務教育の中学に進学するときは受験は不要で、学力に関係なく地元の中学に進学できます。多くの中学生が高校に進学する時代になっていますが、そのときには自分で進学したい高校を選んで受験を経なければいけません。それぞれの高校にはレベルがあり、かなり勉強しないといけないところもあれば誰でも入れるようなところもあるでしょう。もし子供に高いレベルの高校に行ってもらいたいならできるだけ早く進学塾に通わせるようにしましょう。1年や2年から通わせないと高いレベルの勉強についていけないかもしれません。平均的なレベルの高校に通わせたいが学力に心配があるなら3年生になると同時に通わせるようにしましょう。受験対策だけでなく内申点アップのサポートもしてもらえます。

個別指導は学校のテストや受験など目的に応じて対応してくれる特徴があります。学習塾によってサービスが異なるので体験することが重要です。