事業資金をどのようにして調達するのがよいのか

なるべく金利を抑えるのが鉄則

新たに会社を設立して起業しようとする場合に多くの起業家の方が頭を悩ませるのは、どのようにして事業資金を調達するかということではないでしょうか。企業活動には多かれ少なかれお金が必要になるため、あらかじめまとまった資金が手元にないと、当面の資金繰りに四苦八苦する羽目になってしまいます。もっとも、借り入れによる方法で調達した資金は返済しなければならないのが原則ですので、なるべく負担を抑えるために金利を低く抑えるのが鉄則です。金利が高いといくら返済しても元本が減らないという事態になりかねませんので、相場を把握したうえで、著しく高いような調達手段は避けなければなりません。そのため、十分な自己資金を用意できるのであれば、それが望ましいといえるでしょう。

具体的に利用できる調達手段とは

自己資金による資金調達が望ましいとは言っても、ほとんどの人はそのようにまとまったお金をすぐに用意できるわけではないでしょう。そのため、多くの場合、企業に当たって金融機関などから資金を借り入れる必要があるわけですが、利用できる場合には創業融資制度を使うのがおすすめです。制度の内容は金融機関によって異なりますが、通常の融資と異なって柔軟な審査が受けられるうえに、担保が必要ない場合も多いた、非常に使いやすいものとなっています。それに加えて、金利も低めに抑えられているケースが多いので、負担を抑えて資金を調達したい起業家にとっては非常に助けになる制度であるといえるのです。

自己資金だけでは事業資金が足りないという場合は、銀行などで融資を受ける以外に、補助金や助成金の交付を受ける、クラウドファンディングを活用するなどの方法があります。